密林探索隊ッ‼~お金があったら密林でこんなものを~

通販サイトAmazonにあるあんなものや、こんなもの。探検感覚でさがしまする!

密林探検報告書:No.17≪祭りの金魚すくいの金魚を育てるゾ!≫について

こんばんはー^^

密林探検隊、隊長のカマーンです!

 

先日近所の花火大会に行ってきたのですが、カマーンは昔っから『金魚すくい』に目がなくて。。。

今回も1回チャレンジしてみたのですが、1回で6匹取れました!

『ココのお店メッチャ取れるよ‼』って客呼びしたので、オマケでプラス1匹くれて合計7匹‼‼^^

 

出目金(黒)が3匹、赤(和金)が4匹です。

 

さぁ!

楽しい飼育のスタートです‼

 

① 家に帰ってきたら5リットルの水を沸かし、塩を25g入れ、沸騰したら冷まします。

↑ココの時点でわからない人には『金魚を茹でるのでは。。‼‼⁇』とビックリされますが、これは「カルキ抜き」と言われるもので、水道水に入っている塩素を抜く作業です。私たち人間にとっては微量の塩素でも、カラダの小さな金魚たちには毒なので。

 

② 沸かして冷めたモノに10分ほど取ってきた金魚を浮かばせておく。

狭くて窮屈だろうからといきなりバケツに放してはイケマセン!

沖縄の海で泳いでいたのに、いきなり北海道の海に放り入れられたら、人間だってビックリしちゃいますよね??環境に慣らし、少しづつが大事です。

 

③ 10分経ったら金魚の袋にバケツの水を1/3入れ、10分待つ。

④ 10分経ったらもう金魚の袋の水を半分捨て、半分バケツの水を入れ、10分待つ。

⑤ 金魚をそうっとバケツに放し、(弱っている金魚がいたら、袋に入れて隔離する)あとは静かで暗いところで金魚を休ませてあげる。

 

。。。。。ここまでで一晩越します。

ここで使う塩は、添加物などのないいわゆる天然塩がおススメ!

 今回はこちらを使いました^^

伯方の塩 1kg

伯方の塩 1kg

 

 

金魚すくいの金魚はお客さんの取りやすいように、小さなスペースに大量の金魚を入れています。金魚をすくう際にウロコが剥がれてしまったなど、傷を持った子もいます。ゆえに細菌や、寄生虫などにかかり、弱っている子もいるのです。

水に塩をいれて殺菌してあげて、休ませてあげてください。

あとは金魚たちの生命力にかけるのみ。。。。‼

 

 

明日は金魚すくいをした次の日編!